脊柱管狭窄症を治療するなら|リハビリが効果的

病院

急に襲ってくる腰の痛み

困る男性

ぎっくり腰は急に起こってくる腰痛の一つです。行徳でもぎっくり腰で悩んでいる人がいます。しっかりと安静にしていれば2〜3日でずいぶんと楽になってきますが、急性期は患部を冷やさなければなりません。痛みが和らげば温めていきます。

詳しくはこちら

乳幼児の先天的な病気

案内する看護師

鼠径ヘルニアは胎児の時に発症することがあります。袋状になった腹膜に腸がはみ出たことが原因です。乳幼児の場合は経過を見ながら体力がついてきた頃に手術します。腹腔鏡をつかった手術は体への負担も少なく成人なら日帰りできる場合もあります。

詳しくはこちら

関節が変形する病気

相談

リウマチの初期は足がつったり手がこわばったりします。世田谷では30件以上のリウマチ科があります。免疫機能の異常で発病し進行すると関節などが変形してしまいます。また貧血や骨粗しょう症なども起きたりします。治療は薬物療法や手術などが行われます。

詳しくはこちら

腰を治すのは自分自身です

腰痛や足の痺れを治すには

医者

脊柱管狭窄症は脊椎の変形などで脊椎の間にある脊柱管という空間が狭くなる病気です。脊柱管には神経や血管が通っているため、腰の痛み、下肢の痺れなどが主な症状になります。特徴的なのは長時間の歩行が難しくなることで、歩行開始から10分や100mなどで、痛みで歩行困難となり休憩が必要になります。日常生活に支障が出るので、早く痛みを取りたいと手術を選択する患者さんも多いですが、脊柱管狭窄症は手術をしても痺れなどが残る可能性も否定できません。また、手術をして痛みがなくなっても、再び腰に負担をかける生活に戻ってしまうと手術をした部位の上下の脊椎に負担をかけ、同症状にて再手術になることもあります。脊柱管狭窄症の治療は、現在では手術より、リハビリ、内服のアプローチがメインになっています。もちろん、年齢や生活スタイルにより、手術の選択が適している場合もあるので、医師とよく相談することが大事です。

自分で守る自分の身体

リハビリ治療では、脊椎を支える筋肉を鍛え、骨を自分の筋肉で支える身体づくりを目指します。姿勢を見直し、生活習慣や仕事でも負担を軽減できるように訓練も必要です。脊柱管狭窄症には血流を良くする薬や、神経障害性疼痛に対する薬の内服なども有効な治療です。リハビリも内服も効果が出るまで時間がかかりますが、生活習慣を見直し、脊椎を守る筋肉維持をすることで、年をとっても腰痛に悩まされることなく過ごせるようになります。一度鍛えた筋肉は維持する必要があり、ストレッチなどを習慣化し自分で治療を自然と続けられる事が目標となります。必要な筋肉の鍛え方は、自分なりに運動やストレッチをして鍛えているから大丈夫と思いこまず、専門家から正しい知識を学ぶことが大切です。